日本画に描かれた赤いスタンプ、その正体は?

イタチの毛を瓶に浸し、漆黒の液体を毛先に丁寧に塗り込む。回転させては振り、回転させては振り......を繰り返し、納得のいくまで毛先を操る。そして、何十年もかけて磨き上げた動作で、筆を取り出し、制作に取り掛かった。竹の柄を握ったままの手で、優雅に、しかし効率よくページをめくる。 まるで古代の巻物を見ているようで、複雑な造形や優雅な文字が形づくられていく。わずか数秒の間に、白紙は複雑な芸術作品に生まれ変わり、記号と、私たちが立っていた京都の寺院を象徴するはっきりとした赤い印に包まれた。清水寺だ。 神道と仏教が支配する日本では、非常に巨大な寺院から地元の神社まで、様々な礼拝所が存在し、それらを巡ることは最も興味深い時間の過ごし方の一つである。また、お茶を楽しむところもある。お茶を楽しむところもあれば、庭に腰を下ろすところもある。中には宿泊が可能なところもあり、お坊さんの世界にどっぷり浸かることができる。 仕組み 仕組みはこうだ。最初のお寺や神社に到着したら、本自体を購入する。本が目立つところに置いてあるとは限らないので、いろいろと聞いてみて、気に入ったものを選ぶといい。この本自体も美しいので、それだけでも買う価値がありますが、もちろん、中身を詰めるとその威力は発揮されます。 手に入れたばかりの本を手に、お坊さんを探します。お寺の名前と参拝の日付をリアルタイムで書いてくれる人もいる。また、あらかじめ用意された文字を書き入れる人もいる。いずれにせよ、細かい文字で書かれたページの上に朱印が押されたものが出てくる。 Wildgun, CC BY-SA 4.0 https://creativecommons.org/licenses/by-sa/4.0, via Wikimedia Commons 御朱印帳 御朱印帳が増えるにつれて、古代の巡礼に由来する御朱印への理解も深まることでしょう。富士山などの自然、金閣寺などの神社など、日本人は何世紀にもわたって重要な宗教的な場所を訪れてきました。当初は1回の訪問であったものが、四国八十八ヶ所や西国三十三ヶ所など、何度も立ち寄る長い旅に変化していった。 このような壮大な旅の途中で訪れた場所を記録するために、巡礼者たちはノートを作成した。古くは西暦750年頃まで、寺の住職が参詣の証として署名をした。また、僧侶が不在の場合はスタンプを押してもらった。当初は "予備 "として使われていたが、今では寺院にとどまらず、地下鉄の駅や休憩所、水族館や博物館などでも目にするようになり、旅の大切なシンボルとなっている。 東京・浅草の浅草寺…

>

カジノが舞台の映画ベスト5

点滅する光、サイレン、にぎやかな会話、賭けをするときのスリル、これらすべてがカジノの魅力の一部です。ギャンブルは何世紀にもわたって行われてきたが、カジノがイタリアに出現したのは17世紀である。1638年にヴェネツィアにオープンした「カジノ・ディ・ヴェネツィア」は世界最古のカジノだが、もともとは「聖モーゼ劇場」として知られていた。このカジノは、演劇の休憩時間にギャンブルを楽しむことができる施設だった。 19世紀には、ヨーロッパ各地にカジノが出現した。アメリカでは、ネバダ州のラスベガスやリノ、ニュージャージー州のアトランティックシティなどがカジノで知られるようになり、組織犯罪との結びつきで悪名高くなった。ギャンブルは悪習であり、他の悪い習慣につながるという評判があった。 映画におけるカジノの歴史を調査し、カジノ映画ベスト5を作成しました。 カジノ・ジャック (2010) ケビン・スペイシーが、欲と権力にまみれたワシントンDCの腐敗したロビイスト、ジャック・アブラモフを演じる、実話を基にしたフィクション。アブラモフとパートナーのマイケル・スキャンロンは、自分たちの都合のいいように法律を捻じ曲げながら、ネイティブ・アメリカンのカジノから資金を盗みました。1996年の映画「ジェリー・マグワイア」にちなんで、スカンロンとアブラモフが「金を出せ!」と叫ぶシーンがある。この映画でアブラモフの妻を演じた女優のケリー・プレストンがマグワイアの元恋人役で出演している。 オーシャンズ・トゥエルブ」(2004年) 「オーシャンズ11」の続編で、ダニー・オーシャンが彼の窃盗団にパートナーを加え、ヨーロッパでいくつかの強盗を成功させるために協力する。Steven Soderberghはこの3部作の2作目だけでなく、「オーシャンズ」3部作のすべてを監督した。ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、ジュリア・ロバーツ、エリオット・グールド、ブルース・ウィリスはこの映画に出演しているだけでなく、シットコム「フレンズ」にゲスト出演しているという共通点もあります。 ダイヤモンドは永遠に」(1971年) イアン・フレミングの小説を原作とするジェームズ・ボンド映画シリーズの7作目は、ショーン・コネリーが007を演じている。ダイヤモンドの密輸を調査するためにラスベガスに飛んだスパイは、大富豪と邪悪な陰謀を発見する。コネリーはジェームズ・ボンドを演じた最初の俳優であり、7作品に主演しています。アカデミー賞にノミネートされたこの映画は、ラスベガスのリビエラ、トロピカーナ、サーカスサーカスなどのカジノでロケが行われた。 バグジー 悪名高いマフィア、バグジー・シーゲルの人生と、現代のラスベガス建設に果たした彼の重要な役割を描いた作品。アネット・ベニングとウォーレン・ベイティが出演し、二人は撮影中に恋に落ち、すぐに結婚し、その後4人の子供をもうけることになる。この作品は、アカデミー賞で10部門にノミネートされ、2部門を受賞した。バグジー」はアカデミー賞では「羊たちの沈黙」に作品賞を奪われたが、ゴールデングローブ賞では最優秀映画・ドラマ賞を受賞した。 マサチューセッツ工科大学の教授の指導のもと、6人のMIT学生がカードカウンターになるための訓練を受け、ラスベガスで大儲けするという、Ben Mezrichの小説「Bringing Down the House」をゆるやかに基にした映画。パブリックガーデン、ボストン大学、ニューベリーストリートなど、多くの撮影地がボストンにあったが、ラスベガスもまた "21 "の重要な撮影地であった。ネバダ映画局によると、撮影はプラネットハリウッド、ベネチアン、シーザースパレス、ハードロックホテル、レッドロックカジノなど、ラスベガスの多くのカジノで行われたとのことです。

>

初心者のための写真撮影の必須知識

この記事では、写真を撮る際のコツをいくつか紹介していきます。 1. 正しいカメラの構え方を学ぶ 当たり前のことですが、多くの新米フォトグラファーはカメラを正しく持てていないため、手ブレや画像のブレの原因となっています。手ブレを防ぐにはもちろん三脚が一番ですが、暗いところでの撮影でなければ三脚を使うことはないので、無駄な動きをしないように正しくカメラを構えることが大切です。 カメラの持ち方は人それぞれですが、必ず両手で持つようにしましょう。右手でカメラの右側を握り、左手はレンズの下に置いて、カメラの重さを支えます。 カメラを体に密着させることで、より安定した撮影が可能になります。安定感が必要な場合は、壁に寄りかかったり、膝をついてしゃがんだりすることもできますが、寄りかかるものがない場合は、姿勢を広くすることも有効です。 2. RAWで撮影する RAWはjpegと同じファイル形式ですが、jpegとは異なり、カメラのセンサーが記録した画像データを圧縮するのではなく、すべて取り込む形式です。RAWで撮影すると、より高画質になるだけでなく、後処理をする際のコントロールも格段に向上します。例えば、露出オーバーや露出アンダーを補正したり、色温度、ホワイトバランス、コントラストなどを調整することができます。 RAWで撮影することのデメリットは、ファイルの容量が大きくなることです。さらに、RAW写真は常に何らかの後処理が必要なので、写真編集ソフトウェアに投資する必要があります。 しかし、RAWで撮影することで、写真の質が大きく変わるので、時間とスペースに余裕があれば、ぜひ試してみてください。jpegからRAWへの切り替え方法がわからない場合は、カメラのマニュアルで詳しい手順を確認してください。 3. 露出の三角形を理解する 露出トライアングルとは、ISO、絞り、シャッタースピードという露出の3大要素のことです。マニュアルモードで撮影する場合、シャープで明るい写真を撮るためには、この3つのバランスをとることが必要になります。 ISO:ISOは、光に対するカメラの感度をコントロールします。ISOの設定が低いとカメラは光に対してあまり敏感でなくなり、高いと光に対してより敏感になります。日中の屋外での撮影では100から200のISO設定が理想的ですが、室内や夜間など光量の少ない状況での撮影では、400から800以上の高いISO設定が必要になる場合があります。 絞り(Aperture)。絞りはレンズの開口部で、カメラのセンサーに入る光の量を調節します。絞りを開けると(F値が小さいほど)より多くの光を通し、絞りを開けると(F値が大きいほど)より少ない光しか通しません。

>

Latest Posts

日本映画ベスト・オブ・ザ・タイム

この記事では私のおすすめの日本映画を紹介します。 晩春 (1949) 第二次世界大戦後の日本と折り合いをつけていく家族を描いた美しく感動的な映画は数多く存在する。伝説の女優、原節子の名演が光る『晩春』は、その代表作のひとつだ。 「晩春」は、若い女性(原)が、未婚のまま父親(日本映画界のもうひとりの巨人、千秋)と暮らすか、結婚して人生の新しい局面を迎えるかの選択を迫られる話である。この作品のテーマを理解するのに、日本の家族関係や人間関係についての知識は必要ないだろう。 とりわけ『晩春』は、急速に変化する時代の中で居場所を見つけようとする伝統の物語である。 生きる (1952年) 1950年の画期的な作品『羅生門』から2年、この時点で黒澤は正式に創作活動に取り掛かっていた。この『生きる』は、おそらく志村喬の最高傑作といえる演技が光る、彼の最も感情的な野心作である。黒澤明の30本の映画のうち21本に彼が出演していることを考えると、これはすごいことだ。 「生きる」の基本的な前提は単純である。この映画には第二次世界大戦後の解説がたくさんあるが、核となるストーリーは、末期医療の知らせをきっかけに劇的な個人的旅を経験する老いた官僚に関係している。…